レンタルボートの利用方法のご案内

How to

レンタル方法

レンタルボートは、1時間単位(最低利用時間 3時間~)でご利用いただけます。
ボートの種類、ご利用日により料金が異なりますので下記よりご確認ください。

ご利用時間は 6:00 から 18:00 の間で、3時間以上からご予約いただけます。
通常営業は、9:00 - 16:00 となります。
※早朝利用(6:00-9:00)と夕方利用(16:00-18:00)は 5/1~9/30 の間でご利用可能です

【お申込み】

運営団体指定の申込フォーム(以下「申込書」)よりお申込みください。 ご利用希望日の30日前より1日前(午後5:00)までの間でご予約が可能です。

メールでのお申込み
こちらのWEBでの申込フォームよりお申し込みください。
お申し込み後、担当者より折り返しご連絡致します。
※仮予約は受け付けておりません。
※お電話・FAXでのご予約は基本受け付けておりませんのでご了承くださいませ。
※ご見学希望の方は事前にお知らせ下さい。
※お申し込みの前に下記の利用規程を必ずお読みください。

レンタルボート利用規程

この利用規程は、運営団体ならびにレンタルボートサービスを提供する施設(以下「施設」といいます)が提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の内容、利用料金および利用上の遵守事項等を定めた規則であり、本サービス利用者(以下「利用者」といいます)は、この利用規程に従って本サービスの提供を受けるものとします。

1.利用目的
ご利用はスポーツ、レジャーなどを目的とした利用を原則と致します。旅客事業、漁業、違法行為、その他法律に反する目的によるご利用は固くお断り致します。

2.利用資格
・本サービスを利用可能な方は本利用規程ならびに施設の利用規約に合意し、確約した方のみとします。
・運営団体ならびに施設は以下の項目に該当する方の利用をお断りいたします。また、利用実績がある方の場合においても以下の項目に該当することが発覚した場合は同様とします。
・暴力団、暴力団員、暴力関係団体または関係者およびその周辺者、その他反社会的勢力に属されている方ならびにその周辺者またはその疑いがあると運営団体が判断する方
・運営団体ならびに施設の定める利用目的に反するご利用をされる方またはその疑いが  あると運営団体ならびに施設が判断する方
・公序良俗に反する行為を行う方、またはその疑いがあると運営団体ならびに施設が判断する方
・他の利用者またはその他の水域利用者に迷惑を及ぼす恐れがあると運営団体ならびに施設が判断する方
・他人に伝染する恐れのある疾病を有する方
・運営団体ならびに施設が不適格と認めた方
・運営団体ならびに施設が不適格と認めた法人

3. 申込み方法
① 利用予約は、1か月前より受付が可能です。
② ボートの空き状況は、ホームページ記載の所定の方法により確認してください。利用予定日の仮押えはできません。
③ 利用予約の手順は、以下の通りとなります。
・ 運営団体指定の申込フォーム(以下「申込書」)よりお申込みください。
・ 運営団体にて申込受領後、予約内容に基づく請求書を発行いたします。請求書記載 の期日までに利用料金をお振込ください。
・ 利用料金等の入金が確認された時点で正式に利用受付と致します。

4.利用料金
①利用料金はホームページ記載の各ボートの利用料金とレンタル備品のレンタル金額を事前払にてお支払いいただきます。
②利用開始の前日以降にレンタル備品または利用時間の延長を希望されるときは、利用当日の利用開始時にその費用をお支払いください。

5. 利用時間
①利用時間とは、「ボートを専用している時間」をいいます。準備または片付け時間も利用時間に含まれます。
②ボートの利用、返却は利用時間内に行ってください。(準備・後片付けもご利用時間に含まれます。)もし、施設に承諾を得ず時間を経過して利用を継続した場合、ボートの終日利用料金相当額の違約金を申し受けます。

6. 利用申込みの変更および解約
利用者の都合により、利用申込み内容を変更または解約するときは、所定の「利用申込みの変更・解約申込書」に記入のうえ、運営団体までご提出ください。利用日時またはボートの変更は1回まで可能です。 なお、利用申込みのキャンセルの際は、以下のキャンセル料をお支払いいただきます。

・3日前の17時まで  無料
・2日前の17時まで  30%
・前日の17時まで 50%
・前日の17時以降  100%
※弊社が出航中止の判断をした場合は無料です。

7.禁止事項
以下に掲げる行為を禁止します。
① 施設の喫煙スペース以外で喫煙すること
② 施設内に火災や爆発を発生させる恐れのある物品、悪臭を発生させる物品または不潔  な物品を持ち込むこと
③ 施設の屋内、屋外を問わず、施設およびボートにおいて撮影された画像や動画を運営団体もしくは施設に無許可で運営団体ならびに施設が運営する媒体以外に掲載したり、運営団体ならびに施設のウェブサイトに掲載されている画像を無許可で転載すること
④ 利用申込書記載の利用目的と実際は異なる利用内容での利用を行うこと
⑤ 公序良俗に反する行為またはその疑いがあると運営団体ならびに施設が判断する行為 を行うこと
⑥ 許認可もしくは資格が必要な内容での利用を、許認可もしくは資格がない状態で開催、利用すること
⑦ 他の利用者またはテナントまたは来訪者ならびにその他の水域利用者に迷惑を及ぼす  恐れがあると運営団体ならびに施設が判断する行為を行うこと
⑧ 暴力的不法行為、反社会的行為等を行う恐れがあると運営団体ならびに施設が判断する行為を行うこと
⑨ 本利用規程ならびに施設が定める利用規約に反するすべての行為をおこなうこと

8. 利用停止
①利用者は、次の何れかの事由が生じた場合に運営団体ならびに施設が利用者に何ら通知・催告をせずに直ちに本サービスの利用を停止することを了承します。
・利用申込内容に虚偽の記載があったとき。
・利用者の行為が他の利用者および運営団体ならびに施設およびその他水域利用者に著しく迷惑を及ぼすと運営者が判断したとき。
・利用者に警察の介入を生じさせる行為があったとき。
・利用者(利用者が法人の場合、その役員も含む)が、暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下、総称して「反社会的勢力」といい ます)であることが判明したとき、または反社会的勢力である者を反復、継続して施設 に出入りさせ、他の利用者の平穏を害する恐れのある行為があったとき。
・本利用規程および施設の定める利用規約に違反する行為があり、運営団体ならびに施設が違反行為の中止または是正を求めたにもかかわらず利用者がこれに応じないとき
②運営団体ならびに施設は、天災地変等により利用が著しく困難となったときは、本サービスの提供を停止することができるものとし、この場合、利用者に対し、未経過期間の基本料金を返還するものとします。なお、利用者は、運営者に対し、損害賠償請求 その他名目の如何を 問わず一切の金銭を請求することができないものとします。

9. 使用制限
① 利用者は、許可なくボートの使用権の全部もしくは一部を譲渡または転貸することは  できません。
② 正式な利用受付がなされた以降においても、第5条禁止事項、第6条利用停止の内容に 該当する場合ならびに施設の利用規約に違反する場合、その使用の取消または使用  停止の措置をとる場合があります。その際、使用者の如何なる損害に対しても運営団体ならびに施設は一切の責任を負いません。なお、その場合、受領済みの利用料金は 返還はいたしません。

10. 免責および損害賠償
① 事前の荷物受取に伴う紛失、破損等或いはボート利用中の盗難、破損等および来場者等の人身事故については、その原因を問わず運営団体ならびに施設は一切の責任を負いません。
② 天災地変、関係官公署からの指導、その他運営団体ならびに施設の責に帰さない事由により利用が中断された場合、その損害については運営団体ならびに施設は一切の責任を負いません。
③ 利用者またはその関係者および来訪者がボートおよび施設またはその設備・備品を汚損・破損させた場合、或いは建物または他の利用者に損害を与えた場合は、利用者はその損害を賠償しなければなりません。
④ 本サービスおよび活動で発生したすべての事件、事故について、運営団体および施設は一切の責任を負わないものとします。
⑤ 運営団体および施設は、自己の責に帰すべき事由による利用者の人的若くは物的破損等について、運営団体および施設が加盟する保険で保険金を受給することが可能な場合に限り、その受給範囲においてのみその保障支払いを行う場合があります。ただし、その判定については運営団体および施設もしくは保険会社が行うものとし、利用者はその判定に一切の異議申し立てをしないものとします。また、その範囲を超える補償を望まれる場合は任意での損害保険への加入を推奨します。
⑥ 利用者はボート・施設・用具・機材・備品利用中、自己の責任に帰すべき事由により運営団体および施設又は第三者に損害を与えた場合はその利用者がすべての賠償責任を負うものとします。
⑦ 自然というフィールドがもつ潜在的なリスクを熟知し一切の責任を自己責任とします。利用者は、その責任を担保するため必ず活動内容に見合う損害保険に加入するものとします。

11. 安全管理、清掃
① ボート利用時間中は、利用者の責任のもとに、防災・防犯等のすべての安全管理を行ってください。
②ボートの利用時間終了時には、施設の管理担当者に連絡のうえ、備品返却、清掃、安全、終了確認を行ってください。

12. 原状回復
① 利用終了後のゴミは全てお持ち帰りいただき、ボートや施設内に残さないようにしてください。
② 利用終了後はボートおよびすべての備品を施設の指定する所定の位置にお戻しください。通常使用に伴う清掃は運営団体ならびに施設が行いますが、補修や特別な清掃・残材・ゴミ処理または破損・紛失等については、別途実費をご負担いただきます。

13. 注意事項
① 利用中、利用者は施設と常時連絡が取れる状態でご利用をお願い致します。
② 常に安全に留意し、施設が指定もしくは推奨する季節、天候、フィールドにあったウェアや装備でレンタルを行ってください。
③初めてのご利用もしくは、初めての水域でボートを利用する場合は、施設指定の「ガイダンス」(予約制)5,000円/30分を修了した者にのみ、それぞれのレンタルプログラムにおいて、適切な利用方法・マナー・トラブル対処方法をご理解・修得いただいた上で、レンタルが可能です。
④レンタル時の事故、物品の破損については全て利用者自身で責任を負い対処してください。レンタル用具や本施設を破損した場合には、必ず、原状回復に要する費用をその利用者様にご負担していただきます。ただし状況により、全額弁償となる場合がございます。この場合、運営団体ならびに施設がその損害を査定し、弁償金額を算出するものとし、その利用者はその内容に異議申し立てをしないものとします。また、任意損害保険等の加入は利用者自身の責任において対応願います。
⑤運営団体ならびに施設が危険と判断した場合、各レンタルプログラム禁止等の指示に従っていただきます。
⑥レンタル当日は施設にて、受付とレンタル用具の状態の確認を必ず施設とおこなってください。
⑦レンタル時間は施設の規定の時間までとし、やむをえない理由により、所定の時間までに返却できない場合は必ず施設まで連絡のうえ許可をえてください。
⑧レンタル用具は次の方が気持ちよく使用できるよう、必ず真水で綺麗に清掃後返却してください。 また、返却の際には必ず施設にレンタル用具の状態の確認を受けてください。
⑨レンタルについては事前に予約が可能です。ただし、キャンセルの場合はキャンセル料をいただきます。

14. ボート・備品
① ボートで基本装備として利用できる装備・備品は、ホームページ記載の通りとなります。
② ボートのいずれも装備や備品がセットアップされており、追加または削除はできません。その他備品のご利用は、利用者自身で準備をお願いします。
③ ボートに基本装備として設置されている装備は、無償貸与となります。万一、利用途中で装備が故障または不具合が生じた場合、使用できない理由による損害賠償等について、運営団体ならびに施設は一切の責任を負いません。
④ レンタルした設備、備品の不具合があった場合は、該当する装備、備品の利用料金の50%相当額を返還いたします。但し、利用終了後、運営団体ならびに施設がその内容を確認し、異常が見受けられなかった場合は、利用者の利用方法に誤りがあったものと見做し、利用料金の返金はしません。

15. 保険
利用者は本サービスを利用する際に搭乗者、運転者の如何を問わず、必ず自身の死亡及び傷害ならびに第三者への損害の賠償を担保する保険に加入しなければならないものとします。

【予約確認及び請求書の発行】

運営会社にて申込書受領後、予約内容に基づく請求書を発行いたします。
請求書を発行した時点で、「予約受付完了」となります。

【お支払い・予約完了】

請求書記載の期日までに利用料金をお振込ください。
期日までに料金のお振込の確認が出来ない場合は、予約を取り消させていただきます(キャンセル扱いとなります)。その際は確認のご連絡をさせて頂きます。
※利用者の都合により、利用申込み内容を変更またはキャンセル(解約)するときは、所定の「利用申込みの変更・解約申込書」に記入のうえ、運営団体までご提出ください。

お申込み内容の変更・ご解約

お電話(06-4400-5194)より変更または解約してください。
※キャンセルに付きましては、必ずご予約日の3日前の17:00までにご連絡をお願いいたします。ご利用日の3日前の17:00以降のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料を申し受けます。

キャンセル料

3日前の17時まで無料
2日前の17時まで30%
前日の17時まで50%
前日の17時以降100%

※弊社が出航中止の判断をした場合は無料です。
※当日キャンセルの場合はいかなる理由に関わらず、全額料金をお支払い頂きます。後日請求書を発行致しますのでお振込をお願いいたします。 又、無断キャンセルをしたお客様ならびにキャンセル料の支払いを拒否される方は、 今後運営団体が提供するサービスを受ける事が出来なくなる場合があります。
※キャンセルおよび予約内容変更のご連絡は、お電話のみの受付となります。(10:00から17:00)E-mailでのキャンセル および予約内容の変更につきましては、トラブル防止のため、受付けておりません。また、受付時間以降のキャンセルのご連絡については、 翌日キャンセル扱いとさせていただきますので、ご注意ください。

【レンタル当日の受付】

予約時間の5分前には施設にて受付にて、船舶免許証を提示し、出航手続きを行ってください。
当日お持ちいただくもの
・予約内容を確認できるもの(予約番号)
・2級以上の小型船舶操縦士免許(2馬力以下のボートの場合は不要)
・公的な身分証明書
初めて利用する場合は、施設、水域の場合、船の取扱いや水域の解説などの以下のガイダンスを受講いただきます。
ガイダンス利用説明:5,000円(税込)(所要時間:約30分)

【利用・片付け】

・受付終了後、指定の場所(艇庫等)よりボートを搬出いただきご利用ください。
・海での活動となりますのですべての活動の責任は利用者本人が負うものとなることをご承諾のうえご利用ください。
・出艇の前に必ず船体、エンジン、装備、備品のチェックを必ず実施してください。海上でのボートならびに装備、備品のトラブルについては運営団体ならびに施設は一切の責任を負いませんのでご注意ください。
・ライフジャケットは乗船者全員が必ず着用してください。
・施設との連絡手段として、携帯電話を忘れずにお持ちください。
・海での利用を楽しんだ後は、施設に帰港してクラブ艇の清掃と片付けをおねがいします。

【精算】

・帰港後にガソリン代の精算を行います。
船体、装備、備品の破損の申告と確認にもとづき清算を行います。
レスキュー等が発生した場合はその費用の清算を行います。

注意事項

9:00~16:00までのご利用となります。
キャンセルの場合キャンセル料が発生します。
下記の厳守事項をご確認ください。

<厳守事項>

・運転者、搭乗者を問わずすべての利用者は運営団体および施設が指定する水準以上の保険に加入すること。
・当社スタッフの指示及び案内に従うこと。
・無理な操作や無謀な運転をしないこと。
・レンタル使用中は、常に安全に留意し慎重に落ち着いて行動すること。
・使用後は洗艇を実施し、出航前の状態に戻しておくこと。
・敷地内では、タトゥー等の彫ってある身体を露出しない。
・乗船中は必ずライフジャケットを着用すること。

<保険>

利用者は本サービスを利用する際に搭乗者、運転者の如何を問わず、必ず自身の死亡及び傷害ならびに第三者への損害の賠償を担保する以下の保険に加入しなければならないものとします。
① 団体活動の場合でスポーツ安全保険に年間加入している。
※原則として施設で団体活動をしていない他団体でかけているスポーツ安全保険は対象外となります。
② 運営団体、当施設で1日掛け捨ての民間保険会社のレジャー保険に加入している。
③ 運営団体、当施設が指定する水準以上の保険に個人加入している。
  死亡:1,000万円 入院:5,000円 通院:2,000円 賠償責任:1億円

自己責任の確認

・本サービスおよび活動で発生したすべての事件、事故について、運営団体および施設は一切の責任を負わないものとします。
・運営団体および施設は、自己の責に帰すべき事由による利用者の人的若くは物的破損等について、運営団体および施設が加盟する保険で保険金を受給することが可能な場合に限り、その受給範囲においてのみその保障支払いを行う場合があります。ただし、その判定については運営団体および施設もしくは保険会社が行うものとし、利用者はその判定に一切の異議申し立てをしないものとします。また、その範囲を超える補償を望まれる場合は任意での損害保険への加入を推奨します。
・利用者はボート・施設・用具・機材・備品利用中、自己の責任に帰すべき事由により運営団体および施設又は第三者に損害を与えた場合はその利用者がすべての賠償責任を負うものとします。
・自然というフィールドがもつ潜在的なリスクを熟知し一切の責任を自己責任とします。利用者は、その責任を担保するため必ず活動内容に見合う損害保険に加入するものとします。

レンタルボート賠償保険について

この保険は、当施設の申込み当日のみ有効の掛け捨て保険です。 当日、レンタルボート代金支払い時にご加入できます。 加入は強制ではありませんが、無加入の場合、万が一のトラブル発生時には修理にかかった実費が必要となります。予めご了承ください。

◆プランA(30馬力クラスに最適)

掛金(一艇当たり)・・・2,000円
保障範囲・・・・100,000円
免責・・・修理総額20万円まで5,000円、修理総額20万円以上50,000円

◆プランB(70馬力以上のクラスに最適)

掛金(一艇当たり)・・・5,000円
保障範囲・・・・500,000円
免責・・・修理総額20万円まで5,000円、修理総額20万円以上50,000円

・保険適用外
利用者の明らかな過失の場合や、悪質なケースは適用外となります。 補償範囲を超える修理代金が必要な場合は実費が必要となります。
レスキュー費用は、保険適用外となります。

・実際の破損の状況
実際にボートが壊れた時の状況の大半は、異常の見落としや、警告音の無視、無理な使用、自分の力量を超えたエリアへの進入等が原因として挙げられます。 大切に扱っていただくのが一番ですが、それでも気が付かないうちにトラブルに発展してしまうケースもあります。日頃より、冷却水や水圧計には気を配っていただくことと、無理な使用はなるべく避けていただくことが楽しいボートライフに繋がります。

・修理費用について
当施設でレンタルボートを利用した場合、利用者の過失によって実費の修理費用が発生した場合、利用者に実費をご負担いただきます。

・修理にかかる費用と保険適用の例
※例えばV6エンジンを焼きつかせてしまった場合…
 パワーヘッド交換、150馬力オーバーの場合、 実際にかかる修理概算費用(概算)825,000円~
 保険未加入の場合の本人負担額・・・500,000円(利用者負担上限)
 プランA加入の場合の本人負担額・・・410,000円(免責額)
 プランB加入の場合の本人負担額・・・ 10,000円(免責額)

保険適用の修理に関しては、運営団体指定の工場にて行います。 他店で修理を希望の場合は、保険は適用外となりますのでご了承ください。